サン・トックス株式会社
  • 日本語
会員様専用サイトへ
Image

会社情報

関東工場

関東工場の概要および環境・安全への取り組み

関東工場は茨城県の潮来工業団地内に立地し、食品包装などに使用される二軸延伸ポリプロピレンフィルムと無延伸ポリオレフィンフィルムを年間約2.5万トン生産しています。当工場は、第一種エネルギー管理指定工場として、省エネ委員会を設置し中長期の目標を掲げて、工場全体でエネルギー原単位の削減※)に取り組んでいます。また、廃棄物の削減・再利用に努めた資源の有効活用を推進し、一定の効果が出てきています。今後も労働安全衛生管理(OSHMS)、環境管理(ISO14001)、品質管理(ISO9001)の3つのマネジメントシステムを継続、スパイラルアップに取り組み、社会から信頼され「地域と共生する工場」を目指します。
 ※)環境自主行動計画としての省エネ目標:2020年度までに2012年度比でエネルギー原単位を5%削減

関東工場 所在地:〒311-2434 茨城県潮来市島須3075-18
従業員数:185人   敷地面積: 55,800m2
パフォーマンスデータ(2010-2014年度)
単位 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度
廃棄物発生量 トン 56 57 26 15 20
廃棄物最終処分量 トン 38 43 7 4 10
エネルギー使用量 千GJ 344 341 340 360 351
CO2排出量 千トン 19 19 19 20 20
SOx排出量 トン 0.3 0.4 0.3 0.2 0.3
NOx排出量 トン 0.6 0.7 0.6 0.7 0.6
ばいじん排出量 トン 0.04/td> 0.04 0.03 0.06 0.05